MRFとは

MRFとはMoney Reserved Fundの略で、短期の高格付け債券を組み入れた投資信託です。流動性を高めることと、リスクを抑える事を優先した投資信託だと言えるでしょう。ですから、利回りはそれほど高くはありません。銀行預金に比べると少し高いという程度で、それほど高くはありません。証券会社に預けている資金を少しでも高い利率で運用するために用いられる事が多いです。???? Vol.68 ?????????
証券会社に資金を預けると、銀行預金のように預金として扱われるのではなくて、投資信託の買付に当てられます。そして、株式などを購入するときには、この投資信託が売却されて買い付けられることになります。このような仕組みにはなっているのですが、流動性が高いために、ほとんど気にする必要はありません。銀行預金と同じように、現金として預けているような感覚で利用することができるでしょう。しかしながら、債券ですから、信用リスクはあります。デフォルトする可能性が非常に低いものを組み入れていますから、ほぼないと考えておいて良いのですが、絶対にないとは言い切ることはできないでしょう。このリスクを抑えるためには、一般的な口座と同じように現金で預けておくのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。